masterkunのブログ

乃木坂46・YouTuber・不登校などをテーマとして扱っています!

[石油業界の関連銘柄]石油業界の関連銘柄一覧 本命株・出遅れ株のまとめ

 

石油関連銘柄は、コロナショックなどにより、

株価が急激に下落しました。

 

そして、日本は2030年代までにガソリン車を

廃止するという結論にまで至りました。

 

この二つの要因により、株式市場では

石油関連銘柄が上昇したり、下落したり

するなどの極端な形となりました。

 

今回は、そんな石油関連銘柄について

まとめてみました。

 

 

石油とは?

f:id:masterkun:20210217182857j:image

石油のできる工程は、

原油が採掘されて、採掘された原油を

精製したものを石油と言います。

 

その石油から分離されて作られるものが、

「灯油」と「ガソリン」です。

 

ガソリンは火がつきやすいため、車や飛行機の

エンジンとして使われることが多いです。

 

灯油は、常温でも燃えにくく、取り扱いも

簡単なため、ストーブなどに使われています。

 

また、株式市場で石油は景気に左右されやすいため

上がり下がりの激しい銘柄にもなっています。

 

戦争などの際には、石油関連銘柄は影響を

受けやすいので価格が高くなったり、

安くなったりと影響力がありますね。

 

石油関連銘柄が上がる訳と過去に上がった銘柄

f:id:masterkun:20210217182911j:image

石油元売りの最大手!(5020)ENEOSホールディングス

 

ENEOSホールディングスは、東証1部に

上場しており日経225銘柄にも採用されています。

 

同社は、石油元売りの最大手で石油精製や

電気自動車向けなどにも注力している会社です。

石油大手として世界第6位の規模を

持っています。

 

同社が、2020年6月に電気自動車の駆動システムを

新開発したというニュースが報じられた際には

株価が上昇しました。

 

f:id:masterkun:20210217165950j:image

 

コロナショック後の株価は、

320.1円でした。

 

しかし、上記のニュースによって

425円にまで、上昇しました!

 

石油の元売り会社が、電気自動車のシステムを

手がけているということについても

目が離せないですね。

 

石油元売りの2位!(5020)出光興産

 

出光興産は、東証1部に上場しており

日経225銘柄にも採用されています。

 

同社は、石油元売り2位で石油化学や、

原油・石油開発にも手掛けており、

電気自動車への開発にも乗り出しています。

 

同社は、2020年4月3日に原油市場の

需給改善を受けて株価が急上昇しました。

 

f:id:masterkun:20210217170008j:image

 

コロナショック後の株価は、

2115円でした。

 

しかし、上記のニュースにより株価が

2580円にまで跳ね上がりました。

 

出光興産は、国内の石油元売り2位に

位置しているため石油関連銘柄としては

目の離せない銘柄ですね。

 

 

 

石油関連銘柄リスト

f:id:masterkun:20210217182927j:image

では、石油関連銘柄のリストを

見ていきましょう。

 

(5020) ENEOS 世界第6位の石油元売り
(5019) 出光興産 国内第2位の石油元売り。
(1662) 石油資源開発 石油の開発・生産を行う石油大手会社
(5021) コスモホールディングス 石油元売りの国内第3位
(5017) 富士石油 石油精製企業の中堅会社
(1605) 国際開発帝石 原油・ガス開発の国内最大手。
(6269) 三井海洋 原油の設計・建造の大手会社
(5009) 富士興産 ENEOS系の石油販売会社。

 

おすすめの石油関連銘柄3選!

f:id:masterkun:20210217182942j:image

(5020) ENEOSホールディングス

 

f:id:masterkun:20210217181506j:image

 

最安値 320.1円(2020年3月19日)

最高値 520.7円(2020年1月8日)

平均価格 360円台

※2020年内の計算

 

ENEOSホールディングスは、世界第6位の

石油元売りの大企業です。

 

石油の事業以外にも、電気自動車の

全固体電池の開発にも乗り出しており、

石油とエネルギー関連の事業を実施しています。

 

石油関連銘柄としては、真っ先に

注目されやすい銘柄ですね。

 

 

 

(1605) 国際開発帝石

 

f:id:masterkun:20210217181516j:image

 

最安値 489円(2020年10月30日)

最高値 1217円(2020年1月8日)

平均価格 580円台

※2020年内の計算

 

国際開発帝石は、石油開発企業の

大手会社です。

 

原油・ガス開発の生産最大手であり、

日本政府が「黄金株」を所持しています。

※黄金株は、株主総会の決議を拒否したり

することのできる「権力のある株」です。

 

石油関連銘柄としては、ENEOSの次に

注目されやすい銘柄ですね。

 

 

(5017) 富士石油

 

f:id:masterkun:20210217181532j:image

 

最安値 149円(2020年3月13日)

最高値 256円(2020年1月8日)

平均価格 190円台

※2020年内の計算

 

富士石油は、石油精製会社の中の

中堅会社です。

 

石油精製の中堅会社でありながら、

2020年の石油会社の売り上げランキングでは

第4位を獲得しているほどの実績を持ちます。

 

富士石油は、石油関連銘柄の低位株として

扱われることも多いですが、

低位株としては目の離せない銘柄です。

 

 

 

まとめ 今後の石油関連銘柄の行方は?

f:id:masterkun:20210217182955j:image

今後の石油業界は、EV関連などで需要が

少なくなってきますが、石油会社は

EV関連の事業に取り組んだりしているため

石油会社が潰れることはないです。

 

ただし、企業の吸収合併や買収などが

されていくと石油会社がなくなるという

可能性も充分にあります。

 

また、石油関連銘柄は景気に左右されやすいため、

「景気に対して敏感な銘柄」と覚えておいて

ほしいですね。

 

石油は、自動車や飛行機などにも

使われるため身近なものと覚えておきましょう。

 

あなたの株式投資が良くなる事を

祈っておきます。では。